こんにちは、ブロガーの「しゅうせい」です。

春まだ遠し…

今回は、2/10に開催された、
「静岡大学オリエンテーリング部創立45周年記念パーティー」の話題を。

【第1部:スプリントレース@静岡キャンパス】

DSCF0935.jpgDSCF0936.jpg
集合場所は、『Bピロ芝生広場』。
レースは、スプリントとスプリントリレーの2種目で行われました。

静岡OLCからは、かつての部員だった5名が出走しました

DSCF0937.jpgDSCF0938.jpg
静岡キャンパスの地形を誰よりも知る参加者は、1種目目のスプリントから
かつて見ていた景色の懐かしさと現在の見えている景色との違いを感じながらも、
コースの高低差には…

DSCF0939.jpg
2種目目のスプリントリレーは、記念イベントとはいえ、スタートすれば
チームのために全力疾走



【第2部:祝賀会】
20180210180259.jpg
静大OLCは、遡ることおよそ15年程前。創立30周年を迎えた時にも
同じく記念パーティー(レース&祝賀会)を開催しました。

時は経ちましたが、今回も多くの方が参加されました。

20180210184402.jpg20180210184505.jpg
第1部のレース入賞者の表彰の風景

20180210184557.jpg20180210194801.jpg
静大OLCと言えば…、の風景


今回のイベントの企画を立て準備をしてくれた、
後輩および現役生のみなさんに多謝。
楽しい1日を過ごすことが出来ました
スポンサーサイト
こんにちは、ブロガーの「しゅうせい」です。

今回は、開催第10回目を迎えた「有度山トレイル三昧2018」の話題を。

本イベントは、NPO法人M-nopと共催の形で開催しているのですが、
記念すべき第10回目は特に静岡OLCにとって大きな年間行事となりました。

既にご存じの方も多いと思いますが、当クラブメンバーであり、NPO法人M-nopの
代表を務める村越真さんは、研究のためただいま南極に。

本イベントは、村越さんを中心に準備が進められている要素が非常に大きく、
村越さんの南極行き決定以降、水面下で開催について調整を行っておりました。
しかし、毎年イベント参加を楽しみにしていらっしゃる方を思えば、開催中止など
選択肢には全くなく、今いるマンパワーでなんとかしようと、今回の開催となりました。



【Day 1: 2018/1/27(土) トレイルランニングミニレース】


暖かいと言われるここ静岡でも、この数日間は非常に寒い日が続き、
まさかの水道管が凍る事象もあったそう。

DSCF0909.jpg
しかし、この日は朝から風も穏やかで、野外での開催の本イベントに
とってとても良い日和となりました

DSCF0910.jpg
静岡OLCのメンバーを始め、協力いただいた各団体の皆様のご尽力により
本年も、特にトラブルもなく無事に終了できました。

「しゅうせい」はロングクラスのみ通過するチェックポイントの担当でしたが、
たまたまウォーキングで通りがかった方が、しばし足を止めてランナーに
声援を送って下さる場面もあり、心がほっこりしました



【Day 2: 2018/1/28(日) 有度山ロゲイニング】

DSCF0914.jpg
会場は、数年前にもお世話になった、常葉大学短期大学部。
この日は、曇り優勢で少々寒い日となりましたが、今回も
出席率がものすごく良かったです

DSCF0913.jpg
運営スタッフは、6時半に現地集合
特に5時間クラスのチームがスタートするまでの時間帯まで
細々した準備やら担当ポジションの業務従事で意外と息つく間が
なかったりします。

「しゅうせい」も 『あっ、写真撮らなきゃ』とちょっとフリーで動け出せたのが
3時間クラスの地図配布時間くらいでした

IMG_0612.jpg
今回のコース設定は、「静岡オリエンテーリングクラブ」
点数配分など苦労した所を田畑会長に聞いとけばよかった・・・

DSCF0916.jpg
3時間クラスの作戦会議タイム。5時間クラスはもっとすし詰め状態だったかと…

DSCF0917.jpgDSCF0918.jpgDSCF0919.jpgDSCF0920.jpg
ここまで運営スタッフとして活躍してくれた、静大OLCの部員や当クラブ員も
3時間クラスの参加者として走りました〜

DSCF0925.jpgDSCF0926.jpg
いよいよ、3時間クラスのスタート
狭い路地の割に車が多く通るので、写真に写ってない範囲にも
役員を配置してました

で、しばしの休憩後。この日一番の大仕事。

得点計算

参加者の通過ポイントの撮影写真の確認から、
得点計算・検算(複数回)・データ入力・順位確定・表彰対象の確定。
EmitやSIカードでの処理ではない本イベントでは、毎回毎回なんとか
早めに成績速報を出したいと思っているものの、特に今回は帰りの
バスの時間などもあり、速報を見られずに帰られた方もあったかと
思います。本当に申し訳ございません

DSCF0928.jpg
(ようやく参加者全チームの成績速報が出せて、ほっと一息ついているの図)
今回も、レース出走後のお疲れの中、得点計算のお手伝いを申し出て
ご協力下さった、Club阿闍梨のみなさま、ありがとうございます

DSCF0931.jpg
なお、こちらのロゲイニングのリザルトなどは、NPO法人 M-nopのHPに掲載されますので、
以下のリンクよりご覧ください。
https://www.m-nop.com/rogaining/udoyama/2018/

改めまして、有度山トレイル三昧2018のイベントにご参加いただいたみなさま、
および運営にご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございました

こんにちは、ブロガーの「しゅうせい」です。

クリスマスソングを聴きながら、連投…

続いて『忘年マウンテンオリエンテーリング』のアフターイベントのご報告。

20171223171525.jpg
静岡OLCでは、年末恒例行事として忘年ランを開催していますが、今年度は
「忘年マウンテンオリエンテーリング」として開催。イベント終了後は、懇親会を
開催しました。

20171223175156.jpg
参加者は、ほぼ全員がドライバーと言うこともあって、お酒はナシでしたが、
近くの温泉施設にて、夕食を取りながらの開催となりました。

今日のマウンテンオリエンテーリングの反省をしたり、通常の定例会以上に多くの
クラブメンバーが集まったこともあり、ついでに定例会以降の各自報告など…

静岡OLC全体としての、2017年の行事はこれにて終了。
2017年も大変お世話になりました。2018年もどうぞよろしくお願いいたします。<(_ _)>

2018年がみなさまにとって良い1年となりますように



こんにちは、ブロガーの「しゅうせい」です。

何か急に寒くなった…

今回は、12/9に開催された「藤枝市オリエンテーリング大会」の
報告を。


今回は、4年振りに『蓮華寺池公園』での開催。
4年前には、この蓮華寺池公園にスタバが出来るなど、
全く予想していなかった…

20171209081709.jpg
静岡OLCからは、運営スタッフのお手伝いとしてちゃこさん、田畑会長と
私「しゅうせい」が、当日参加で、和久田さんが出走しました

20171209083727.jpg20171209092652.jpg
今回は、少人数での運営となりましたが、天候にも恵まれ、結構当日参加
の方も多かったように思います。

20171209095703.jpg20171209095714.jpg20171209100705.jpg
競技形式は「スコアO」。グループと個人で制限時間に10分差があるため、
時差スタート。

20171209100653.jpg
和久田さんも真剣にプランニング中

20171209102337.jpg20171209104221.jpg
藤枝市大会もCC(コントロールカード)形式なので、手計算による集計が必須。
少人数でしたが、経験にものを言わせ、それほどお待たせすることなく
出来たのは、なにより。

20171209112313.jpg20171209112350.jpg
表彰式の時は風も出てきましたが、太陽の陽射しが優勢

20171209113117.jpg
一般男子の部では、和久田さんは残念ながら第2位。第1位の方は満点

20171209113629.jpg
満点の方は、名大OBの方でした。辿ったルートをマップに記入している際には、
多くの方が囲んでいました。
こんにちは、ブロガーの「しゅうせい」です。

今回は、11/11-12に開催された「OMM JAPAN 2017 NOBEYAMA KOGEN」の
運営参加報告を。

静岡OLCからは、コースプランナーとして小泉さんが、安全管理マネージャーとして
村越真さんが、スタート・フィニッシュチーフとして田畑会長が、運営スタッフとして
田濃さんと「しゅうせい」が参加しました。
昨年より1人増えました〜

「しゅうせい」は、今回も当日早朝に会場入り。運営スタッフとしては皆勤賞の
4回目でも最初は全く勝手が分からず…
でも、イベントヘッドクォーターのかこさんにお会いして、ちょっと落ち着いた感じ。

スタッフが起きてくるまで待って、朝食の時間。最初の持ち場はスタートだった
ので、田畑会長からざっくり指示を聞くと、朝食を食べて6時半会場発とのこと...。

えっ、今6時10分だから、10分で食って支度して出ろってか...


いや、聞いてましたよ。事前にも。会場でも。
「今回は激務なので大変ですけど、よろしくお願いします。」って。

もー、初見殺し。やめてよ〜」と、心の中で思いながら
刻々とスタート時刻が迫ってくるので、とにかくスタート地区まで。

CIMG1448.jpg
スタート地区は、予報通りの雨…。スタート時間帯には止むようでしたが、
雨と合わせて時折吹く突風は、OMMらしいなぁと思いました。

「しゅうせい」は、Straight Aの担当 兼 アナウンス。
8時1分前のコールは、正直ドキドキしました
自分のコールでレースが動き出すと思うと。隣の田濃さんに、現在時刻の確認を2度もしてしまった。

CIMG1449.jpgCIMG1450.jpg
スタートが一段落したところで、Day1のフィニッシュ地区へ。
実は、こらちでは突風により、仮設トイレがすべて倒れてしまったり、
予定していたSIチップの読み取り場所のテントが飛ばされてしまったりと
大変な状況になっていました。

CIMG1451.jpgCIMG1452.jpgCIMG1453.jpg
でも、選手はこのフィニッシュ地区へどんどん向かって来ているわけで、
この現状で、対応出来るように準備を進め、無事に1組目のフィニッシュを
迎えられました

CIMG1457.jpg
日没後も、フィニッシュ地区を目指す選手の皆さんを待ち続け、フィニッシュ
閉鎖時間の20時までには全チームが通過。スタッフ全員がホッとするこの瞬間は、
4度目でも感慨深いものがあります。

CIMG1459.jpgCIMG1460.jpg
日付が変わってDay2。「しゅうせい」の配置は、Day1とほぼ一緒。
目覚ましはかけなかったのですが、なんかの勘で4時過ぎにバッと
目が覚めました

選手が一夜を過ごしたテント場は、歩くとサクサク音がしました。
みなさんきっと、休んでいる間は底冷えしたのではと思いました。
空はとっても澄んでいてきれいな夜明け前の星空が

CIMG1462.jpgCIMG1465.jpg
Day2は、6時からスタート。あんなに沢山あったテントも徐々に数が減り、
全員がスタートした後のテント場はだだっ広い感じ。この光景が見られるのは
スタッフならではと、こちらも感慨深いものです。

CIMG1466.jpg
で、ほんのちょっとの余韻を感じながら、Day2のフィニッシュ地区へ。
あとは、ひたすらフィニッシュをした選手のSIチップの回収&読み取り&装備チェックへの
誘導等々、大体フィニッシュ付近でバタバタと…。片付けが終わって周囲を見渡すと
もう、ライトなどがないと困るくらいに真っ暗…

最初に現地に到着して、待ち時間を兼ねて見ていたグッズ類、買っとけばよかったな…

【実はレア?】
23584060_1533439283399095_410982907_o.jpg
Club阿闍梨の高橋さん撮影。(ありがとうございます<(_ _)>)

Day1のスタート地区にて。
もし、静岡県関係の大会だったら、田濃さんは計測(計セン)担当
固定なので、今回のような配置は珍しい(...ハズ)

「しゅうせい」と田濃さんは、最初に出逢ってからもう20年以上となるが、
直近で思い出せる限りでは、田濃さんが大会運営で計セン以外だった
記憶がないなぁ…