FC2ブログ
こんにちは、ブロガーの「しゅうせい」です。

今回は、当クラブにとってとても嬉しいご報告です。

3/8に開催された『第15回全日本トレイル・オリエンテーリング大会』に
おいて、田代雅之さんがOpen-Eクラスにおいて優勝されました。

COVID-19の影響により大会の規模が縮小され、当日は雨天の中での
競技となりましたが、本当におめでとうございます

当日観戦されていた、Club阿闍梨の柏樹さんより写真を頂きましたので、
掲載いたします。ありがとうございます。

89655592_522132645392523_1242208720729931776_n.jpg

89198655_2583134765148342_4270732625204740096_n.jpg84481220_542495986383377_2626582589829283840_n.jpg
スポンサーサイト



いろいろ大変な日々、いかがお過ごしでしょうか、へっぽこです。

本日は埼玉越生で開催されたOMO(奥武蔵マウンテンオリエンテーリング)の報告です。

参加した人
真さん
こいずみくん
わたなべさん
おおさわさん(以上エリートクラス)
なかじまさん
へっぽこ(以上レギュラークラス)

多くの大会が中止または延期となっている昨今、
難しい状況のなか大会開催いただいたTEAM阿闍梨ほか運営者の皆様に
感謝しながら参加しました。

エリートは今年も優勝設定3時間20分
(17.1km UP1500以上)は実走27-28km程度はあったかと思いますが
今年もタフなコースだったようです。
(地図見ただけでお腹いっぱいですね。)

へっぽこはコンビが組めず、今年はレギュラーで参加。
思ったより暑かったせいもあるのかあるいは激斜がきつかったのか
あるいはひごろの運動不足のせいなのか
終盤は足がつりまくり、命からがらなんとかゴールしました。
エリートでなくて良かった、と強く思いました。
エリートの完走率は今年も50%以下、
レギュラーも完走率は50%強くらいだったようです。

エリート
 こいちゃん:2位
 しんさん:4位
レギュラー
 へっぽこ:1位
でした。
(表彰式は無しのため写真はありません。。。)

OMO成績(ラップセンターへのリンク)

【追記】参加メンバーのフィニッシュ写真をTEAM阿闍梨の利佳さんより
頂きましたので、掲載いたします。ありがとうございます。
(へっぽこは、早すぎて撮れなかったとのこと)
86857569_247359952929425_3590839491226501120_n.jpg87813265_495429761141550_8765245119684149248_n.jpg

89241887_209025123786994_5413661566274895872_n.jpg89526521_2573440539603836_7056300584910979072_n.jpg
こんにちは、ブロガーの「しゅうせい」です。

今回は、2/22-23に開催された「第1回阪神奈大会」(Day1)の
参加報告です。(「しゅうせい」がDay1のみの参加だったもんで...)

【参加した人】
・ちゃこさん
・なかじまさん
・たしろさん
・ながなわくん
・しゅうせい

Day1はキャンパススプリントとして、大阪大学吹田キャンパスにて
開催されました。

自宅を出るときには、「ホントに雨降んの〜?」という感じでしたが


万博記念公園に差しかかる頃には、

もう降ってる〜


スタート地区までの誘導ですでにずぶ濡れというくらいで、
写真撮る余裕とか全く・・・
次の写真が会場を後にする時というくらい。

IMG_0920.jpeg
コースとしては、その広さと特有の階層を存分に生かした
ものとなり、とても楽しく走れました。

濡れた以外は

IMG_0903.jpeg
会場を後にするときには、もう雨も上がってました。


IMG_0904.jpeg
キャンパス構内には、翌週に控えた入学試験用の看板が
あちこちに。

運営スタッフのみなさま、雨の中本当にありがとうございました。
こんにちは、ブロガーの「しゅうせい」です。

今回は、2/15に開催された「第2回茨城大学大会」の参加報告です。

【参加した人】
・しゅうせい

...、OKリーグ2019の参加点貰いました



「しゅうせい」は、ここ1年ほどの間で、横浜国立大学を始め、
筑波大学、金沢大学、新潟大学
そして、茨城大学へとお邪魔をしています。

茨城大学というと、学生の時の配属研究室に、茨城大学卒の先輩が
大学院生として入られたくらい・・・、と思っていたのですが
ハッともう一つ思い出したことが。

ン十年前の、センター試験の受験後の副担との面談の時のこと。
数学でやらかしてしまった自分の自己採点結果を見て、副担が
「この点数なら、こことここなら行けそうだからすぐ願書取り寄せろ〜」

その2校のひとつが母校。そしてもう一つが茨城大学でした。

結局受験はしなかったのですが、もし受けていたら、そして合格
していたら・・・などと思うと、なんか縁を感じました。

話を戻して、今回楽しみにしていたことが「クイズOファシュタ」。
面白いと言うことは伝え聞いていたのと、かつて静大OLC→静岡OLCの
の練習メニューでもやったことはあったけど、競技スタイルは全く
違うので、3レース目にはなるけど参加させていただきました。

IMG_0891.jpeg
お茶できるスペースもあったりして、とても良かった会場。

IMG_0890.jpeg
誘導地図の裏に、小ネタを挟んでいるものは多分初めて。

IMG_0893.jpeg
テレインとしては広い方ではないキャンパス構内。でも、人工的に
通行不可にされた事により、ルートチョイスには多いに悩まされました。

そして、「クイズOファシュタ」。
この日はコースパターンが3つあり(対象コースごとにコントロールと番号が色分けされている)
地図は事前に封印された状態でランダムに渡されました。24名を上限にグループ分けされた
参加者は、20分ごとに一斉スタート。スタートの△から最初のコントロールまでが
レッグ線で引かれていて、そこに着いてからはコントロールにある設問を
2択で回答し、指定されたコントロールへ地図(全コントロール図)を見ながら
オリエンテーリングをしていくというものでした。
正解だったら、次の問題。不正解だったら、その指示に従う。(指定コントロールへ移動)
(違うコースの場合には、同じ回答でも行くコントロールが違う場合もある。)

というルールを完全に理解したのは、スタート後の最初のコントロールに
到着した頃でしたけど・・・
(スタートの△から設問があると思っていて、いきなり面くらいました。)

結果は・・・
制限時間には戻ってこられました。

全部の競技が終わって、全コントロール図を購入した時には、
その問題解説はなくて、ちょっと残念だなと思っていたら、
帰り道でTwitterで問題解説が公開されたことを知り、解説を
見ながら3レース目の反省するという斬新なスタイル。

茨大OLDの“D”は?という問題では、どう考えても『同好会』でしょと
思っていたのに、『団』の方のコントロールに(無意識に)向かっていて、
正解していたのでそのままレースを続けていたり。
一番申し訳ないなぁと思ったのは、指定コース専用問題の
競技責任者は?という問題では、自信満々に選んで間違えてしまったこと。
ほんと、スイマセン。

でもなんといってもレースのハイライトは、問題を解き、選んだ回答の
コントロール番号を全コントロール図から探し、ないレッグ線でルートプランニング
するところ。もし行った先が違っていたら(走っているコースでない)という不安と、
若干ピントが合いづらくなった目には、そのコントロール番号を探すことが
結構キツかった・・・


IMG_0892.jpeg
帰りにもう一度戻って。

運営のみなさま、ありがとうございました!
こんにちは、ブロガーの「しゅうせい」です。

今回は、2/1に開催された「ワンダラーズ八景島大会」の
参加報告です。

【参加した人】
・なかじまさん
・へっぽこ
・しゅうせい


ここ数日は、下の方に雲がかかっていましたが、今日はバッチリ

関東方面のスプリント大会の時には、もっぱらへっぽこ&しゅうせいのブロガーコンビ、
もしくはしゅうせい単独が多いのですが、今回は翌日の世田谷ロゲイニングに
参加される中島さんも参加でした。

IMG_0868.jpeg
いつも、ワンダラーズさんがこのエリアで開催される、
『うみの公園』は走ったことがありますが、JOYの広報文に

「地図は20年ぶりにリメイクされました。
ほとんどニューマップです。」


という内容で、いつもに増して興味が。しかも、八景島。

でも、まさかホントにしっかり島の中を走るなんて
想定もしてませんでした。

1本目を走っていたとき、少し離れたところでテレビの取材班を見かけ、
なんだろうなぁと思って競技を続け、2本目で別な場所で再び遭遇。
もう少し近い距離で通り過ぎながら見たら、テレビでよく見かける
タレントさん

2本目の序盤で、(多分)鳶が低空飛行で、すぐ近くの来園者のアイスを
襲撃したのを目の当たりにしたりと、ハプニングが多いレースでした。

国道357号線がこの島のところで途切れているのは、以前から
知っていて、1本目のスタート地区までの誘導で至近距離で併走し、
競技中も末端を至近距離で見られ、「へぇ、こうなってんだ〜」と
悠長に思っていたら、2本目の某レッグでそれがルートチョイスに
なっているとはよもや思わず、キチンとルートチョイスされた
方が爆走している姿を見たときには、

「うわ〜、やられたー。」

とても楽しいレースでした。