2日目はいよいよクラブカップ本番

6時半に朝食をとり、先発隊は荷物を積み込み、いざ場所取りへ・・・。

CIMG0098.jpg
朝食前のひととき、朝はすがすがしかったのですが・・・

CIMG0100.jpgCIMG0101.jpg
出発前に 傘のデザインは・・・

CIMG0102.jpgCIMG0104.jpg
ゴール直前の場所に陣取り、静岡OLC(&浜松OLC&静大OLC)の場所を確保


場所取りも一段落したところで、あらためて周囲を見渡すと、続々と会場入りするクラブの人数の
多さと、今年で最後ということで、優勝を狙うぞという静かな闘志やら意気込みがそれぞれの顔に
見てとれました

そして、スタート時刻に向けて準備を始める静岡OLCのメンバーの表情からも程良い緊張感が見て
取れ、これから始まる激戦を予感させました。

CIMG0105.jpg
永遠のライバル、浜松OLCのメンバーと。談笑している中でも・・・

CIMG0108.jpgCIMG0109.jpgCIMG0112.jpgCIMG0111.jpg
静岡OLCの応援グッズ一覧

CIMG0115.jpg
静岡OLC Aチーム1走の田濃さんと、Bチーム1走のうにこさん スタート前にありがとうございます。


そして前日の涼しさから一転、戻ってきた猛暑の中、ついにクラブカップがスタートしました。

静岡OLC-Aチームは各人とも小さなミスはあったものの、全員がその役割を果たし、一時はトップに
立つなど常に上位でレースを展開することができました。
そして予定通り6走、7走で猛烈な追い上げを見せ、第2回大会の4位入賞を超える、
堂々の3位入賞を果たしました。
CIMG0147.jpg
7走を走った、「新入会員」松澤さんのゴール直前の激走

また、Bチームは浜松OLCとの対抗戦も兼ねており、7走スタートの時点で浜松OLCに4分のアドバン
テージという接戦、こちらも大いに盛り上がりました。
(結果は浜松OLCに逆転負けでしたが・・・
CIMG0163.jpg
こちらも7走を走った、よしひさくんのゴール直前の激走

あと、オープン参加でベテランカップに参戦したCチームは、静大OLCの院生2名に助っ人に迎え
タイムとしては5位相当という成績を収めました
CIMG0136.jpg
4走を走ったちゃこさんのさわやかな走り


この1年間、既存の会員を中心に大会参加、大会運営、各種行事企画など幅広く活動し、新規会員を
巻き込んでクラブとしての求心力を強めていった、そんな地道な活動が実を結んだのが今回の結果
です。Aチームで走った7人以外のメンバーも皆自分のこととして喜び、誇りに思っていることでしょう。

CIMG0149.jpg
ゴール後のひととき。こういった風景があちこちで

CIMG0157.jpg
表彰式の一コマ。派手さでは優勝?


そして一部のメンバーは静岡OLCトレラン部を結成し、3日目の駒ヶ根5時間ロゲインに参加しました。
競技範囲は池山を山頂とする山岳エリア、オリエンマップエリア、駒ヶ根市街地エリアの3つに大別
され、前日の作戦会議では、山岳エリアはパスして、名所巡りなどして爽やかにクラブカップの余韻を
楽しもうとなっていたはずですが・・・。

当日地図を渡されての作戦会議では、山岳エリアは外せないとなって少しずつ様相が変わり・・・。
始まってみればいつものロゲインで、ただ単に引きまわされて修行になっていた人もいたようです。
静岡OLCトレラン部、結成後初のロゲインで早くも解散の危機か???
CC7_2010_5.jpg
もう解散の危機 静岡OLCトレラン部



今回の大会でクラブカップは最終回との案内が早くから流れていましたが、
大会当日には、クラブの目標になりえる大会は別の形で今後も続けていきたいとのアナウンスもあり、
静岡OLCとしても、クラブ一丸となってこれからも取り組んでいきたいと思います。

実際、Aチーム以外のメンバーからのやる気発言が早くも相次ぎ、クラブ内での競争も今後激化していきそうです。

CIMG0164.jpg
静岡OLC Aチームの精鋭 今後もクラブを牽引していってくれることでしょう

CIMG0165.jpg
静岡OLC Bチームのメンバー。 目指すはAチーム入り

CIMG0166.jpg
静岡OLC Cチーム。 静岡OLC入り内定()の2人と漫才コンビ

CIMG0167.jpg
今回の上位入賞の立役者 松澤さん  賞品の梨と傘を手に

CIMG0168.jpg
何はともあれ、クラブカップリレー Forever
スポンサーサイト
静岡OLCでは、9月18日~20日に行われた、クラブカップリレーを含む駒ヶ根3日間大会に
参加しました。

静岡OLCは今年、数名の強力な新入会員を迎え、また、クラブカップが今年で最後という
こともあり、例年以上の意気込みを持って駒ヶ根に乗りこみました。

1日目は、クラブカップリレー参加者の有志が一足先に駒ヶ根入りをし、スプリント競技
とクイック&ラビリンスOに参加しました。
スプリント競技では、家族旅行村西側の城跡部分を詳しく調査し直したエリアも使われました。
城跡とあって微地形が多く、そのエリアを使ったレース前半は、スプリントというよりもミド
ル的な要素が強かった感もありますが、各自テーマを持って参加し、翌日への感触を確認しました。
その中でも村越真さんがM21-1で4位、松澤さんがM21-2で1位と好成績を収めました


スプリントレースの後には、クイック&ラビリンスOが行われました。
家族旅行村の芝生斜面に多数のポストが設置され、そこを数十名もの参加者が縦横無尽に動き回る様
はまさに壮観。
競技中の動きが丸見えになるので、見ている方としてはたまらなく面白いイベントでした。
更に一般の参加者の後にはエキシビジョンレース行われ、歓声や感嘆の声、たまにひやかしの声が飛
び交う中、15名の有名選手が出走しましたが、その中には静岡OLCの松澤さんと村越さんも含まれてい
ました。そしてこのレースには賞金が懸かっており、松澤さんが3位、村越さんが50歳以上1位となり、
見事賞金をGETしました
いつものOLとは一風変わったクイック&ラビリンスOでしたが、クラブカップの前日を飾るにふさわし
い盛り上がりを見せた素晴らしいイベントでした。


CC7_2010_1.jpg
ポストに翻弄される(?)稲葉さん

CC7_2010_2.jpg
縦横無尽に走り回る参加者と嘉久君

CC7_2010_3.jpg
「ゾーンに入った」和久田さん

CC7_2010_4.jpg
迷路を抜ける松澤さん、賞金GET


そして夕方には、クラブの参加者全員が宿に集合し、全体ミーティング、チーム別ミーティングが
行われました。
Aチームの目標は上位がこけた時に優勝を狙える位置にいる(具体的には3位以内)、
Bチームの目標はファームチャンピオン、ベテランチームの目標は???と、それぞれに内容の濃い
話し合いが行われました。さて、この結果はいかに・・・(次回へ続く)


CIMG0073.jpgCIMG0074.jpg
宿に着くなり、明日のコース予想や応援()グッズの作成に勤しみ・・・。


CIMG0078.jpgCIMG0090.jpg
全体ミーティングでのひとこま。

CIMG0079.jpg
「静岡トリム」に袖を通した、静岡OLCの強力な新入会員のみなさん


CIMG0091.jpg
Aチームのミーティング。さすがに真剣度合いが違います

CIMG0093.jpg
Bチーム・ベテランチーム合同のミーティング。こちらも真剣な話し合い・・・お酒付き

CIMG0096.jpg
チームの交流を深めることも戦術のひとつ。 ということで・・・
9月11日、12日に富士シリーズの第3戦、第4戦を富士山こどもの国を会場に開催しました。
たくさんのみなさまにご参加いただき、誠にありがとうございました

今回の大会では、同時にM-nop主催のナビゲーションサミットや、一般来園者向けの
こどもの国大会も開催され、オリエンティアだけではなく、様々な層の方が会場を訪れ、
それぞれに楽しんでいる姿を見ることができました。
また、第3戦のミドル大会では一部のコースで不適切なポスト位置があり、ご迷惑をかけ
ました事をお詫びいたします。


土曜日のミドル大会はこどもの国草原のエリアが会場となりました。テレインは「高密」で、
直進と細かな地図読みや、一部藪こぎが要求される、ロブならではのコースが組まれていました。
また、翌日開催の富士山麓ロゲインの参加者向けにロゲイナーズコースも用意されていました。
テレインの性質上ちょっと手強いコースではあったとは思いますが、少しは翌日のロゲインの
ヒントになったかな、と思います。

CIMG0031.jpg
当日朝は霧が立ちこめ、天候が心配されましたが・・・。

CIMG0037.jpgCIMG0038.jpgCIMG0039.jpg
天候も徐々に回復し、まずまずの大会日和()となりました。

CIMG0041.jpg
黒い富士山も健在


日曜日はこどもの国街のエリアに会場を移してのスプリントの大会でしたが、同時に
一般来園者向けのこどもの国大会を開催しました。
また、同じ会場をスタートゴールとする、M-nop主催の富士山麓ロゲイニングも開催されました。

まず、会場にはロゲイニングの参加者が続々と集合し始め、9:30には一斉にスタートしていきました。
スプリントの運営の準備をしつつも、ロゲイニングの様子もちょっと気になり・・・
ただこの日は「本当にこどもの国?」と思えるほど気温が高く、ロゲイニングの参加者はさぞかし、
大変なレースを強いられたことでしょう

CIMG0068-2.jpg
この日も雲に隠れつつも、黒い富士山


そうこうしているうちに一般来園者向けのこどもの国大会へも少しずつ参加者が集まり始めました。
こどもの国大会は、事前エントリーは行わず、たまたま来園した家族、子どもたちに簡単なオリ
エンテーリングを体験してもらおうという大会です。
OLの大会でもおなじみのキッズO、それを範囲を広げてピンパンチを使ったワンパクO、 こどもの国
の広範囲な地図を渡して他の遊びの合間にポストも見つけてもらおうという体験版OLなどが用意され
ました。
キッズOは小さな子供たちに大人気でしたが、ワンパク0の人気はいま一つ。ちょうど小学校中学年
ぐらいの来園者が少なかったのか、うまく呼び込みが出来なかったのか、次回への課題となりました。

CIMG0049.jpgCIMG0057.jpgCIMG0060.jpgCIMG0065.jpgCIMG0071.jpg


そしてこどもの国大会の隣では富士シリーズ第4戦、スプリント大会が行われました。
予選、決勝とも、スプリントならではのトリッキーな回しやポスト位置も見られ、暑さも含めて
参加者を悩ませていたようです。なお、決勝のレースでは、ゴールのポストにゴールなどの明確な
表示がされておらず、混乱を招く状態となっておりましたことをお詫びいたします。

CIMG0053.jpgCIMG0072.jpgCIMG0051.jpgCIMG0070.jpg



富士シリーズ第5戦、第6戦は11月13日、14日に丸火自然公園で開催されます。
第6戦のロング競技では、一部のクラスで一斉スタート方式を取り入れるなど、
更に色々な事に取り組んでいきますので、是非ご参加いただければと思います。
(今週末のクラブカップリレー大会会場でも受付をいたしますので、お気軽にどうぞ)
FUJIシリーズ 2010 第5戦,第6戦 要綱

主催:静岡オリエンテーリングクラブ
後援:静岡県オリエンテーリング協会
開催日:2010年11月13日(土)、14日(日) 雨天決行、荒天中止
開催場所:丸火自然公園周辺(静岡県富士市)
会場:丸火青年の家
競技種別:ポイントオリエンテーリング
競技規則:(社)日本オリエンテーリング協会「日本オリエンテーリング競技規則」準拠
競技地図:13日、14日とも「丸火自然公園」リニューアル、
コントロール位置説明:IOF記号表記
パンチングシステム:EMIT社電子パンチングシステム
受付:  13日(土) 11:00~12:30
     14日(日) 9:00~10:00
スタート:13日(土) 12:30~14:00(予定)
     14日(日) 10:00~11:30(クラス1,2以外)(予定)
11:00(クラス1,2)(予定)(クラス1,2は一斉スタート予定)
コース設定:ロブ・プラウライト

クラス分け
(1日目:スプリント)(1レースのみ)
(各クラスとも難易度は中級です。)縮尺1:4000
1 3km   
2 2Km   
3 1Km   
4 1Km    
(2日目:ロング)縮尺1:10000
● 上級者クラス
1 12Km (マススタート方式のワンマンリレー。3ループ程度を予定)
2 8Km  (マススタート方式のワンマンリレー。3ループ程度を予定)
3 6Km  (通常のポイントOL)
4 4Km  (通常のポイントOL)
● 中級者クラス
5 3Km  (通常のポイントOL)
6 2Km  (通常のポイントOL)
● 初級者クラス
7 1Km (通常のポイントOL)
8 キッズO 

参加費:
(土曜日:スプリント)
●全クラスとも¥1000円/人
(日曜日:ロング)
● 上級者クラス(1~4)¥2000円/人
中級者クラス(5~6)、初級者クラス(7) ¥1500円/人  
高校生以下 ¥1000円/人
キッズO  無料

*Eカードをレンタルされる方は200円追加してください。
*プログラムの郵送を希望される方は100円を追加してください。
*若干名当日申込みを受け付けます(+500円)。

申込み締切:  11月 8日(月)(メール送信、郵送消印有効)

1.参加費、Eカードレンタル料、プログラム代などを下記のいずれかへ払い込んでください。
・郵便振替 口座番号 00890-0-60854 加入者 中村 和宏
・銀行口座 静岡銀行県庁支店 普通 0294498 口座名義 ナカムラカズヒロ

2. 下記のいずれかで申込事項を送付してください。
申込み事項:参加シリーズ番号(今回はシリーズ5/6)、
参加希望クラス、氏名(ふりがな)、性別、生年月日、
所属クラブ、郵便番号、住所、電話番号、E-mail、Eカード番号、プログラム郵送希望の有無、
・郵便振替:通信欄に記入
・電子メール:m-chako(アットマーク)ac.auone-net.jp
・郵送・FAX:村越久子 〒424-0902  静岡市清水区折戸1-20-11-31
FAX: 054-334-9754

※FUJIシリーズ第1~第4戦のいずれかに事前または当日申し込みされた方は
氏名・今回の参加シリーズ番号(5または6)・参加希望クラス・Eカードレンタルの有無(myカード番号)のみ記載いただければ申込を承ります。
*個人情報は本大会の運営以外の用途に用いることはありません。
問い合せ:大会専用携帯電話  080-4212-3730

本イベント(FUJIシリーズ)の大会プログラム等は下記静岡オリエンテーリングクラブの
webサイトに掲載予定です。

静岡オリエンテーリングクラブwebサイト:
http://shizuokaol.blog43.fc2.com/
8月28日、29日の2日間、愛知県新城市の野外教育センター周辺で
静岡OLCの夏合宿を開催しました。
連日の猛暑の中、2日間で延べ40人ほどの参加を集め、爽やかな(?)
作手高原の山々を堪能しました。
CIMG0006.jpg


静岡OLCの夏合宿は、技術の向上はさておき、会員間の交流が主目的とな
っており、今回もレク色の強いお楽しみメニューが満載でした。
とはいっても各メニュー、ポイントが懸かっており、結局は全力で取り組
むことになるのですが・・・


1日目午前中は自由練習のミニポイントOLと静岡OLC名物のクイズOでした。
クイズOは2人一組のワンポストリレー形式でしたが、順位点、正解点、ボ
ーナス点などのポイントがかかっており、お楽しみメニューとは言え、白熱
したレースとなりました。

CIMG0016.jpg
クイズOの得点表
正解できなかったり、ハズレを引いてしまうと・・・、「ハイ、もう一回(T_T)」



昼食を挟んで午後はワンマンリレー。1日目唯一のまともな練習です。
長さ的に3つのクラスに分かれ、バタフライ、隣接ポストありの一斉スタートの
練習でしたが、この練習でもポイントが与えられ、常に走者が交錯する緊張感の
ある練習となりました。

CIMG0014.jpg
この日もとても暑く、水分補給が欠かせませんでした。



1日目最後のメニューは撤収OLでした。
チーム戦で、撤収したポストの点数を競うというポスト争奪戦です。
撤収の手間を省くというのが大きな目的でしたが、撤収OLにしか使われないポストが
あるなど、本末転倒?いや、これ自体がりっぱな練習だったということで・・・
チームでの戦略が結果に大きく影響するため、10分間の作戦タイムはみな真剣。
当然このメニューにもポイントが懸かっており、さらに最後の練習ということで
スタートと同時にスーパーダッシュ
お楽しみメニューでも真剣に取り組める、まさにこの合宿の目的が果たせたと思います。


各メニューのポイントの結果、22年の夏合宿キングは和久田さん、夏合宿クイーンは
稲葉さんとなりました。おめでとうございます。
キング、クイーン、そしてクイズOでハズレを3回引いた中島さんにはちゃこさんからの
スイスみやげが贈られました。

CIMG0022.jpg
カメラマンが新しいカメラに慣れておらず・・・、和久田くん・稲葉さん、ごめんなさい(^^ゞ


1日目夜の部は真剣にクラブカップの話し合いから始まり、稲葉さん、松澤さんからの
ユニバ、世界選手権の報告、クイズOの続きなどこちらも楽しく白熱した宴会となりました。

CIMG0020.jpg
今年の7人リレーのメンバー選定について、真剣に話し合ったあと・・・。
CIMG0024.jpg
やっぱ、お酒でしょ(^_^)v
CIMG0025.jpg
でも、松澤さん・稲葉さんが走った地図が配られると・・・。ここが今年の静岡OLCのひと味違うところ!?


2日目は同じく野外教育センター周辺を使ってのミドルタイプのレースでした。
アップを抑えた爽やかなコースとの案内がありましたが、猛暑と疲れ、一部二日酔い
ためか厳しいレースとなった人も多かったようです。
CIMG0028.jpg


2日間、レク色の強い合宿ではありましたが、クラブカップに向けての結束の固まったとても有意義
な合宿となりました。
CIMG0030.jpg
最後に参加者で記念撮影。カメラマンになっていただいたまっぱの田中さん、ありがとうございました!


ただいま、静岡OLCでは新規会員を募集しております。
この記事を見て興味を持たれた方は
お気軽にこちらまでご連絡下さい。
お待ちしてま~す。