FC2ブログ
11月14日(日)に行われました富士シリーズ第6戦(1コース・2コース)において、
1コース・2コースの一斉スタートの遅延および、1コースの運営不手際により
当日参加されたみなさまにご迷惑をおかけする事態を発生させてしまいました。

簡単な経緯につきましては、先日のブログでも文章を書かせていただきましたが、
改めまして以下にご報告申し上げます。



【一斉スタートの遅延について】

〈経緯〉
1・2コースのスタート直前に、他コース競技中の参加者の方より、コース上で
伐採作業が行われており、作業員の方から苦情を受けたとの報告がありました。
これを受けて、スタート担当の運営者が、現場の作業員の元に赴き状況の説明
および対応を調整しました。この結果、現場の作業を早めに切り上げていただけ
る配慮をいただき、安全を確認の上、大会を続行させました。

〈参加者への影響〉
・1コース スタート時刻を11:00から11:30へ変更させていただきました。(30分遅れ)
・2コース スタート時刻を11:05から11:15へ変更させていただきました。(10分遅れ)

〈今後の対応について〉
対応調整のために、スタート時刻を遅らせる措置を取らざるを得なかったことをお詫び
申し上げます。作業員の方の主訴としては事故などがあってはお互いに困ることになる
という、こちら側の立場を考えてくれてのものであり、また、作業を早めに切り上げて
いただくなどの配慮もいただき、大会を続行することができました。
今回のことで、オリエンテーリングは地元の方々の理解と協力がなければ出来ないスポ
ーツであることを改めて実感しました。
今回の件を受けて、静岡県協会担当者へ、大会・練習会などの開催情報を定期的に地元
の方々にお知らせして頂くことを調整・依頼をしました。また、静岡県協会と連携して
より地元の方々との関係強化を図っていくようにして参ります。



【1コースの運営不手際について】

〈経緯〉
今回、クラス1については47個のコントロールを使用しました。

Eカードの仕様については最大50個分の記録が可能ですがこの50個という個数はスタート
ユニット、フィニッシュユニット、計センで読み取るリーディングユニットの3個を含み
ます。このため47コントロールを使用する今回のレースではミスパンチをした場合、記
録数がオーバーとなります。

運営者側では、記録数がオーバーとなった場合、若番(1番)から順に上書きされるとの
情報を得ていました。このため、序盤のコントロールの記録が消えた場合でも1~2個
程度であればバックアップラベルでの確認により救済可能と判断していました。また、
プログラムでも、(隣接ポストのパンチに注意を促してはいましたが)同様の記述をして
おりました。

しかしver.3のeカードの場合は50個記録した時点でデータが初期化されるという事象が
大会当日朝の、コントロール確認の時に判明したため急遽下記の対応を行いました。
(※後述しますが、上記は間違いで、実際は全てのデータが初期化されるわけではありま
  せんでした。)

1.クラス1参加者に注意を促すため公式掲示(と受付)にその事象を記載しました。
2.当日受付時間が終わりレンタル用ver.2のeカードに余りがあったため希望者には貸し
  出す旨、公式掲示に掲載しました。また、会場内にて呼びかけを実施しました。
3.競技説明でクラス1参加者が全員集まった際に改めて事象の説明と、希望者にver.2の
  eカードを貸し出す旨を伝えました。
 (2名の方からver2カードの貸出の申し出があり貸出を行いました。)

〈参加者への影響〉
最終的な結果として、松澤俊行選手について、途中1箇所隣接ポストをパンチしていたた
めにフィニッシュでのパンチによりカード記録が消える懸念があるため運営者に対しフィ
ニッシュライン通過によるフィニッシュについて認めてもらたい旨のアピールがありまし
た。運営者のほうではプログラムにパンチングフィニッシュの記載をしているためパンチ
をしてもらうよう判断しました。結果、カード記録が消え、バックアップラベルでの判断
もできないため、イベント当日は失格の判定をしました。(本クラスは複数回通過するコ
ントロールがあり、その箇所についての通過証明を確認することができないため。)

※後日、的場さんのご協力により通過データを読み取ることができました。
(マルカの開発環境を利用した特殊な方法で読み取れたそうです。
 通常の運営操作では読み取ることはできないそうです。)
今回のような50個以上の通過となった場合、データが初期化される
 のではなく、通常のリーディングユニット読み取りでは読み出しがうまくできないとのこ
 とでした。)読み取ったデータについては、ver2と同様に若番のデータから上書きされ
 ていたため、1番コントロールのデータがありませんでしたが、これについてはバックア
 ップラベルにて通過確認ができました。このため、松澤選手の記録を失格→完走に変更
 しました。

〈お詫びと今後の対応について〉
今回、運営者の知識不足により松澤選手においては、当日は失格の判断をし、いろいろお手
数をおかけしご迷惑をおかけしました。謹んでお詫び申し上げます。

また、クラス1については、パターンによっては3番コントロールが複数回通過する最初の
重複コントロールとなっていました。もし、複数回隣接コントロールをパンチする選手がい
た場合、序盤のデータが上書きされていき、バックアップラベルでの判定もできない可能性
がありました。
幸い今回最終的には、上記に該当する選手はおられませんでしたが『複数隣接をパンチする
ことにより完走判定が不能となる』ような事象が発生するのは運営面から見れば不適切であ
り、コース設定段階においてコントロール数は多くても40個程度に抑えるべきであったと考
えています。
クラブとしましては今回の事例を今後の大会運営に活かしていけるよう心がけていきたいと
思います。



以上、長文になりましたが、改めまして参加されたみなさまにご迷惑をおかけしましたこと、
謹んでお詫び申し上げます。


スポンサーサイト
11月13日、14日に富士シリーズの第5戦、第6戦を丸火青年の家を会場に開催しました。
遅くなりましたが、たくさんのみなさまにご参加いただき、誠にありがとうございました。
そして、第6戦におきましては特に1クラス・2クラスを走られたみなさまにご迷惑をおかけ
する結果となりましたこと、深くお詫び申し上げます。こらちの経緯につきましては、記事を
分けてご報告させて頂きます。


まずは、第5戦を簡単に・・・。
13日は穏やかなお天気で、競技をするにはとてもいい日となりました。翌日のロングに焦点を
合わせた方が多かったのか、参加者は少なく、会場はほのぼのとした雰囲気に包まれていました。
午後からのスタートでしたが、スプリント競技ということもあっておかげさまでスムーズに進行
させることができました。(ただし、急遽炊事場を地元の小学校が使うことになり、レイアウト
変更をさせていただきましたこと、お詫びいたします。みなさまのご協力で特に混乱もなく進め
られました)

こちらのスプリントで使用しました地図は、ロブの再調査によって作成されたもので、コースも
普段あまり使われない溶岩流の中にふんだんにコントロールを設定しておりました。
参加者の方からは、やはりロブのコースは一味違う、ヨーロッパの雰囲気があるとお褒めの言葉を
いただきました。競技が一段落ついたところで、コースを知らされていない運営者もこのコースを
堪能させていただきました


続きまして、第6戦。
14日は、曇り空で少し肌寒い朝を迎え、確実に冬の足音が近づいていることを感じさせてくれました。
Fuji055.jpg

今回はロングということで、これまでの富士シリーズにご参加頂いてる常連()の方をはじめ、
翌週のインカレロングに臨む学生の方など多くの方にエントリーいただきました。
また、1クラス・2クラスについては2006年の富士スプリングカップでも行ったワンマンリレー形式、
その他のクラスはこれまでの富士シリーズの形式を踏襲した開催としました。さらに、1クラスにつ
いてはeカードの記録上限に近いコントロール数でのコース設定と、富士シリーズでしか味わえない
レースをして頂こうと準備を行っておりました。


しかしながら、当日の設置確認において、ver.3のeカードのついてのみ記録仕様が事前に確認してい
たものと違っていたことが判明。さらに、すでにスタートしていた競技者より、競技エリアにおいて
伐採作業が行われており、作業者の方に注意をされたとの連絡を受けました。この結果、以下の事態
を発生させてしまいました。

【1クラス】
・スタート前のeカードの記録仕様についての注意事項をご案内し、希望者にver2のeカードを貸与し
 ました。しかし、松澤俊行選手について、(隣接ポストへのパンチがあったため)記録数の上限を超
 え、全コントロール通過が確認できなかったとして、当日は失格と判定させてしまいました。(ただ
 し、現在は完走として記録を修正しております。)
・一斉スタートの時刻を30分遅らせました。

【2クラス】
・一斉スタートの時刻を10分遅らせました。

こちらの件、詳細につきましては改めてご報告させて頂きますが、遠路、富士まで足をお運びいただ
いたみなさまに、このような不手際でご迷惑をおかけすることとなりましたこと、深くお詫び申し上
げます。


ひとまず、富士シリーズとしてはこれで一区切りとなりますが、静岡OLCとしましては、今後も競技
としてのオリエンテーリングの普及に貢献すべく、今後もイベントの開催を考えております。そのた
めに、まずは今回の富士シリーズでの反省をクラブ内部で共有し、県協会へも働きかけを行い、より
よい体制でイベントを開催できるようにしていく所存でございます。

今後とも、よろしくお願いいたします。


最後に、当日の様子を数枚ですがご紹介いたします

CIMG0264.jpgCIMG0268.jpg
これまでの富士シリーズの形式でのスタートにて

Fuji019.jpgFuji020.jpgFuji023.jpgFuji024.jpg
1クラス・2クラスのマススタート。一斉スタートの独特の緊張感が伝わります。


Fuji047.jpgCIMG0270.jpgCIMG0274.jpg
マップチェンジの風景。こちらも緊張感が伝わります。
11月21日(日)に、宇陀市立榛原西小学校を会場に行われた、
大阪OLC35周年大会(&インカレロング)に参加しました。

今回は当クラブ会員でもある、静大OLC若山さんの応援を兼ねて
静大OLCとのコラボ()バスツアーが実現しました

インカレに臨む学生さんは、前日のモデルイベントに参加、社会人は観光へと
それぞれの利害関係が一致して、静大静岡キャンパスを20日午前6時に出発。
途中、静岡駅、牧之原SA、静大浜松キャンパスで同乗者をピックアップし、
いざ奈良へ・・・。しか~し、(予想されていたこととはいえ)渋滞により
前日イベント会場にはぎりぎりの到着となりました

一方、観光組はその足で室生寺へ。紅葉と古刹のマッチングに感動しつつも、
急な階段でこちらも思わぬところで明日の大会へのトレーニングになりました
話によると、参加者の中には仏像の魅力に目覚めた方がいらっしゃるとか・・・。

その後、ツアーは奈良市内の宿へ。ここで、神戸・しあわせの村オリエンテー
リング大会に参加した2名と、夕方から合流の2名が加わりこれで全員集合と
なりました。

学生さんたちは適宜夕食をとったあと、宿でインカレのミーティング。社会人は
市内の中華食堂を探し当てて夕食をとりつつ、明日の大会への話に花が咲きました。

CIMG0276.jpg
夕食を奈良市内ですませ、くつろぎのひととき


さて、いよいよ大会当日。各人、秘めた思いをもって()再びバスツアーにて会場へ。
会場はインカレも兼ねた大会であったため、(当然ながら)若い学生さんたちがグラウンドに
たくさんいました。早速、静大OLCの学生さんも自分の陣地を確保。スタート前には円陣を
組んで気合いを入れる姿が・・・。自分たちにもこんな時代があったなぁ・・・

CIMG0280.jpgCIMG0283.jpg
ちょっと円陣組んだあとの写真になってますが・・・


一方、社会人は体育館の中に陣地を確保。こらちは会場とゴールが離れていることもあり、
スクリーンが用意され、リアルタイムで写真が映し出される演出が。

CIMG0281.jpg
ハイテクを感じる演出。ただ、表彰式などでは窮屈な感じも・・・。

そうこうしているうちに、もうスタート時刻。実は、今回静岡OLCの中堅()メンバー5名は
同じM21ASクラスにエントリーをして勝負を挑むという企画を立ててまして、水面下で火花が
散っていたとかいないとか・・・。その他、各自エントリーしたクラスで競技できたはずでした・・・

残念ながら、M21Eのラストスタートだった松澤さんは出走が敵わず、2週連続のハプニングに
無念の思い・・・。また、学生選手権も不成立となり、特にインカレ出場が最後となる4年
生の学生の気持ちを考えると、先週の富士シリーズ第6戦の出来事を経験した静岡OLCとしては
いろいろ考えさせられる大会となりました。それでも、全クラスが不成立とならなかったのは、
参加者からすればありがたかったかなぁと思いました。

結果につきましては、静大OLCは残念ながらメダル獲得ならず。静岡OLC中堅のM21ASの結果に
つきましては、Lap Centerの結果の通りでした
参加者からは、「テレインの難易度が高かった」「(Eコースの)このレッグ、どう行くんだろうか。」
などと、競技時間に比例した発言が多かったです。

静岡への帰路も(当然ながら)渋滞・・・。疲れて皆寝ているかと思いきや、レースの反省をしている
社会人や、トランプの「ダウト」をしている学生さんの声が・・・。元気だなぁ

CIMG0288.jpgCIMG0289.jpg
参加者全員で集合写真。大胆な発想に感服しました

CIMG0292.jpgCIMG0293.jpg
静大OLCの皆さん、インカレミドルとリレー、ガンバッテ下さい。
富士シリーズ(#5・#6)へのご参加、誠にありがとうございます。

こちらのイベントのご報告は後日ということで、本日は表題のとおり
忘れ物のお知らせをいたします。


現在、以下の3点の忘れ物をお預かりしております。

・黒の靴下
・白の時計(女子トイレにありました)
・トヨタレンタリース多摩メンバーズポイントカード(5ポイントスタンプあり)


お心当たり方は以下の連絡先までお知らせ下さい。よろしくお願いいたします。

大会専用携帯電話(携帯メール) info-shizuoka(アットマーク)softbank.ne.jp
 


11月6日(土)に、藤枝市のいきいき交流センターを会場に、
藤枝市オリエンテーリング大会が開催されました。

CIMG0215.jpg
こちらの大会は、静岡県民オリエンテーリング大会とさらに
第64回全国レクリエーション大会IN静岡の特別協賛行事として
開催されたものです。


主な準備は、藤枝OLCのみなさんが中心となって進めていらっしゃい
ましたが、同じ静岡県オリエンテーリング協会の加入クラブとして
当クラブの有志が当日の運営をお手伝いさせて頂きました。


集合時間の7時45分ごろは、少し気温が低くて軽装を少し後悔しましたが
その後は太陽に恵まれ、絶好のオリエンテーリング日和となりました

CIMG0209.jpg
開会式に臨む参加者のみなさん




競技はスコアオリエンテーリング形式で行われ、個人は70分・団体は80分の
制限時間の中で、広大な「大龍勢」のテレインのポストを目指してスタート
しました。

その後は運営に終始していたので、ゴールの様子は見られませんでしたが、
ケガもなく楽しまれたようで何よりでした

CIMG0224.jpgCIMG0229.jpgCIMG0234.jpgCIMG0238.jpg
CIMG0245.jpgCIMG0250.jpg
入賞されたみなさん(アングルが悪く申し訳ございません。)


これを機会に少しでもオリエンテーリングに興味を示して頂き、他の県内
イベントにご参加頂ければと思います。

県内のイベント情報はこちらに掲載されております。
ぜひご覧ください