FC2ブログ
こんにちは、ブロガーの「しゅうせい」です。

宮崎の全日本スプリント・ミドル。行きたかった・・・


今回は、11/27に朝霧野外活動センターを会場に開催された、
『朝霧ロゲイニング2016』の参加報告を。


このロゲイニングを含む、「オリエンテーリング in 朝霧」の2日間の
イベントディレクターを村越(真)さん、サブディレクターおよび
朝霧ロゲイニング2016のコースディレクターを小泉さん、
参加者として、昨年の朝霧ロゲイニング2015の男子クラス優勝の
『静岡OLCランニング部』、田畑会長と高野さんが参加しております。
合わせて、静大OLCの学生5名が参加者を兼ねての運営スタッフ。

「しゅうせい」は、今回はロゲイニングの運営のお手伝い。
何でも屋さん(^^)

DSCF0747.jpg
今回は、O-Ajariが会場販売してました〜
「しゅうせい」は、新しいレガースを購入

DSCF0749.jpg
最初のお仕事は、初心者説明の方のフォロー。

DSCF0750.jpg
続いて、初心者の方の地図配布のお手伝いとフォロー。

DSCF0751.jpg
ちょっと外して、経験者の側の部屋を覗くと、参加者として
静大OLCの学生が、本日のルートプランをしてました

DSCF0752.jpg
スタート時刻には、会場の上からお見送り。すぐに下に降りて
追加のフォロー。

20161127092256.jpgDSCF0754.jpg
で、しばらくはまどろみタイム・・・
スタート直後は曇りベースながら富士山も姿を見せてましたが、
午後になると・・・

DSCF0753.jpg20161127092459.jpg
正午からは、フィニッシュの声かけ。
先日の雪も若干残ってました。

DSCF0755.jpg
参加者の方には、ゴミ拾いにもご協力いただきました。
残念ながら、まだまだゴミはあるようですが、こういった
地道な活動が今後も各地で広がって欲しいです

写真なしですが、この後はコントロールの撤収。
静大の学生2人に『上井出財産区』のテレイン内3個をお願いし、
ちょっとアクセスしにくいエリアにあった1個を「しゅうせい」が回収。
O-Mapでも難儀する『上井出財産区』のエリアに複数の家族組がチャレンジ
されていたそうでビックリ

奇跡的(?)に競技時間の間は雨も降らなかったのは、何より

20161127161501.jpg
『静岡OLCランニング部』は、若さ溢れる静大OLCの男子ペアを、
経験値で勝り、10点差でかわしました
スポンサーサイト
こんにちは、ブロガーの「しゅうせい」です。

ちょうどOMM JAPAN 2016が開催されていた、11/13。
静岡県オリエンテーリング協会を代表して、静岡OLCが
『静岡子ども体験フェスティバル』にブースを出展しました。

今回は、実務を担当して下さいました田代さんからの報告を
掲載いたします。


11/13(日)は、静岡市清水区の清水マリンパークを会場に
静岡子ども体験フェスティバルがありました。

このイベントは、子供たちの自然体験や生活体験を始めとする様々な体験が
減少している傾向にある中で、子供たちに体験活動の機会を提供し、健やかな
子供の成長を支援することを目的として開かれているもので、
静岡県オリエンテーリング協会も出展・参加しています。
当クラブはその作業担当として毎年参加しています。
今回はその報告を簡単に。

当日はみごとな快晴。(昨年は午前中雨だった。。。)
静岡県オリエンテーリング協会(静岡OLC)の出展内容は、会場の
清水マリンパーク内のO-map(縮尺1/1,000、当クラブ作成)を使い、
そこに10個のポイントを設置してフリーポイントで子どもたちに
回ってきてもらおうというもの。

使用地図


朝8:00に現地へ行って本部にあいさつ。そのあとブース(テント)内の設置など。
テントや机、椅子は主催者が用意してくれるので、準備は楽。
9:30集合としていた当日役員2名も集まって、それから設置。10個なのですぐ。

ブース全景

用意が整ったところで、急きょ当日役員として来てくれた1名を加えて
4名体制でイベント開始。昨年、一昨年はオリエンテーリングの体験者は
20〜30人だったが、今年は大幅増。ブース前にフラッグを置いたり、
ブース内の長机の前面に「白とオレンジの印を10個探してこよう!!」と
書いた紙を貼ったからか、今年は目を止めてくれる人も多く、その人たちに
「やってみますか」などの声掛けをしたかいもあったのか、多くの子ども達が
体験してくれて、出展したかいがありました。

最終的な体験数は約85。一人で何度もやった子もいるので、体験者数は約75人。
一人で5回もやってくれた子もいました。
最高タイムは4'40"の男の子。大人を含めても全体で2位のタイム。がんばったね。

来年もこのイベントは開催の予定だそうです。多くの子どもたちに
オリエンテーリングを体験して欲しいので、来年もできれば出展したいところです。
こんにちは、ブロガーの「しゅうせい」です。
あれっ、この流れ。昨年と同じ…

今回は、11/12-13に開催された「OMM JAPAN 2016 SHINANO OMACHI」の運営参加報告を。
静岡OLCからは、コースプランナーとして小泉さんが、安全管理マネージャーとして村越真さんが
運営スタッフとして田畑会長と「しゅうせい」が参加しました。
こちらも昨年と同様です。

DSCF0728.jpg
今回は、シフトの折り合いが付けられなくなり、当日早朝の会場入りでした。
到着した当初は真っ暗で何が何だか分からないのは、第1回目の時のよう。

今回も「しゅうせい」は、計測チームの一員として配属されましたが、今回は
Day1の計測とDay2のスタートのお手伝いをメインに、主にDay1のFinishである
テント場での作業となりました。

DSCF0732.jpg
3回目の運営お手伝いの参加ではありましたが、場に慣れるのには少々
時間がかかるもので、訳も分からないまずは朝食から始まり、改めての
計測チームのインストラクションのあと、Day1のスタート地区へ。

DSCF0734.jpg
そして、荷物を積み込んで、今回のメインの仕事場所へ。

DSCF0735.jpg
今回は、テント場所が2箇所に分かれていて、静かに過ごしたいチーム向けの
場所が確保されていました。

DSCF0736.jpgDSCF0737.jpgDSCF0738.jpgDSCF0740.jpg
早速、Day1のフィニッシュおよび計測の準備を開始。今大会はお天気に恵まれ
雨の心配がなく、穏やかに準備作業が進められました

DSCF0743.jpg
それがレースにも反映され、19時台には全チームのフィニッシュが確認できました。
そして、「しゅうせい」は初めての野営…(テントではなく、テント場の倉庫でしたが…)

DSCF0744.jpg
夜になっても、天候の良さはそのまま。放射冷却が深夜時間帯に
気温を押し下げ、寒さで1時間ごとに目が覚め、しばらく眠れなくて
何度も寝返りを打ながら寝落ちしてまた起きるというスパイラルを経て、
ようやくDay2の朝5時を迎えました…
この時の時間の進みの遅いことといったら・・・

DSCF0745.jpg
「しゅうせい」はスタートのお手伝いという予定ではありましたが、
Day1の夜から、特にスタート時間の問い合わせを多く受けていたことと
テント場にスタットが誰もいない状況もまずいと思って、テント場の周辺で
待機していました。(冷や汗もののイレギュラーが発生。ホントにいて良かった…)
テント場に誰もいなくなったタイミングで、Day2のスタートで選手の送り出し

20161113093019.jpg
スタート終了後は、早速片付けを開始。一区切りを付けての朝食は、9時半過ぎ…。

20161113113251.jpg20161113110325.jpg20161113111753.jpg
全部の片付けを終えて、メイン会場に戻る前に、ちょっとブレイク。
Day1フィニッシュのすぐ隣には、こんな素敵なカフェがありました
コーヒーも、タルトタタンもとっても美味しかった〜

20161113144847.jpg
会場に戻ってからは、計測のフォロー。時折、ミスリードしてしまって
ちょっとバタバタさせてしまい、(隣のメンバーに)注意を受ける始末。
ホントに申し訳ございません。

フィニッシュ通過ラッシュが一段落したところで、SIカードのシールはがし、
撤収フラッグの片付けと通常のオリエンテーリングの大会の風景とあまり
変わらない作業を行いながら、無事に最終チームがフィニッシュをされた
ところを見届けて、競技終了。

今回は、計測で使用しているMulkaもOMM対応に
ストレートとスコアが混在で読み取りが出来ることが
非常に画期的で素敵でした

大会が終了し、通常のルーチンをこなした今。振り返ると、初めて自分が野営
したことで、参加されたチームの置かれている状況がいかに過酷なものかを
実感しました。Day1フィニッシュからメイン会場への移動中には、Day2のフィニッシュ
を目指して、自動車でも登るのに大変なアップをバディと歩いている姿を見て、
かつフィニッシュ後のSIカードを読み取る場面で、レースをやりきったすがすがしい
お顔や『楽しかったです!』と笑顔を話して下さった方を何人も見て、
「すげーな、この大会...」と改めて思いました。

表彰式のセレモニーでも、すでに来年の大会についてのこともスピーチされて
いましたので、来年も楽しみですね。(「しゅうせい」は大会参加は無理ですが)

その前に、静岡OLCでは、12/2にこのOMM JAPAN 2016を題材にした
「2016年 第4回目 地図読み練習会」を開催しますので、静岡近郊で
参加されましたみなさま。ぜひ、思いの丈をお聞かせ下さい<(_ _)>
こんにちは、ブロガーの「しゅうせい」です。


ちょっと前に見たときは、山頂白かったのに…

今回は、11/6に岩手県安比高原で開催された、
第25回全日本リレーオリエンテーリング大会の話題です。

今年度の静岡県選手団は、選手権クラスの7クラスと併設の1クラスに
各1チームずつ、総勢22名の参加となりました。

20161105154912.jpg
数日前には雪が降ったそうで、慌てて移動時の服装を考え直し…

20161105175928.jpg20161105180612.jpg20161105180632.jpg
今回の会場兼宿泊先の安比高原スキー場安比リゾートはとても快適で、
静岡からは遠いところですが、来て良かったと思いました。

20161105200300.jpg20161105200311.jpg20161105200623.jpg20161105203246.jpg20161105203447.jpg20161105203702.jpg20161105204008.jpg20161105204244.jpg20161105204438.jpg20161105204612.jpg
20時からはミーティング。翌日の確認と、各自の意気込みを発表。

DSCF0678.jpgDSCF0694.jpg
当日は、雨こそはありませんでしたが、寒風吹きすさぶ日となりました。
外にブルーシートを引いたり、荷物を置いているところは、静岡県と
愛知県くらいでした…

選手団紹介〜

DSCF0687.jpg
【(併設)M-L】超静岡県
1走 赤井さん(静岡OLC)
※2走、3走はDNS

DSCF0679.jpg
【MJ】静岡県
(左より) 1走 吉井さん(静大OLC) 2走 齊藤さん(静大OLC) 3走 瀧下さん(静大OLC)

DSCF0680.jpg
【WJ】静岡県
(左より) 3走 玉木さん(静大OLC) 2走 伊藤さん(静大OLC) 1走 中島さん(東大OLK)

DSCF0683.jpg
【MS】静岡県
(左より) 3走 田濃さん(静岡OLC) 2走 内藤さん(浜松OLC) 1走 田代さん(静岡OLC)

DSCF0686.jpgDSCF0699.jpg
【MV】静岡県
(左より) 1走 鈴木さん(浜松OLC) 2走 中島さん(静岡OLC) 3走 滝さん(静岡OLC)
MVクラス 第3位

DSCF0685.jpg
【XV】静岡県
(左より) 2走 中島さん(静岡OLC) 3走 小橋さん(浜松OLC) 1走 村越さん(静岡OLC)

DSCF0684.jpgDSCF0703.jpg
【WE】静岡県
(左より) 1走 増田さん(東大OLK) 2走 本間さん(東北大OLC) 3走 芦澤さん
WEクラス 第5位


DSCF0682.jpgDSCF0708.jpg
【ME】静岡県
(左より) 3走 長縄さん(静岡OLC) 2走 松澤さん 3走 伊藤さん(KOLC)
MEクラス 第3位

DSCF0716.jpg
今年度の静岡県選手団の目標は、総合で25点獲得を目指していました。
残念ながら、目標に及ばす23点でしたが、総合第4位となりました

DSCF0717.jpg
閉会式後のミーティングでは、こちらも毎年恒例の団長賞と監督賞の発表。

1日目の光景(その1)
団長賞(団長のタイムに最も近い選手)
長縄さん(静岡OLC)

DSCF0719.jpg
監督賞(WE優勝タイムを3等分したものに最も近い選手)
鈴木さん(浜松OLC)

DSCF0720.jpg
監督特別賞(長年の団長業務を讃えて)
田濃団長(静岡OLC)

松澤監督からは、長年田濃さんに団長業務をお任せし続けている現状を変えていくことも、
今後の静岡県選手団の課題の1つとおっしゃっていました。

DSCF0722.jpgDSCF0724.jpg
来年は四国は愛媛県での開催となります。静岡県選手団がよりよい順位に上がるための
始まりの日でもあります。ますます精進です。