FC2ブログ
こんにちは、ブロガーの「しゅうせい」です。

同じく霧ヶ峰ロゲイニングに参加された高野さんからの大会参加報告が
届きましたので、早速掲載いたします。


高野です。

霧ヶ峰ロゲイニングの参戦記です。


今回、足の故障で大事を取って3時間ソロの部に回った田畑さんに
代わり、今年前半だけでロゲ10回出場という気合の入った中島さんと
初ペアを組み、5時間男子の部に出場してきました。

私が50歳に達していれば、5時間男子シニアの部で3位入賞確実といった
ところだったのですが(2組のエントリーしかなかったので)、残念ながら
強豪ぞろいの若者たちと一緒のクラスということになりました。

車山登山リフトが使えるようになってから、霧ヶ峰の回り方は
右回りに固定されたため、前日の作戦会議で以下のような方針を
決めておきました。
・昨年、南の踊場湿原の配点が高かったため、今年はそこは薄くなる
 ことが予想され、行かない方向で考える。
・スタートから沢渡に向けて展開するルートと、車山山頂からゴールへ
 向けて帰ってくるルートを先に考え、これらが交差しないようにする。
・外周のゼブラ山ルートと蝶々深山ルートの点数の高いほうを通過して、
 新規エリアの殿城山へ向かう(新規エリアは確実に高得点となる)。
・車山リフト乗り場にスタートから3:00~3;30の間に戻ってこられるよう
 白樺湖周辺で寄り道する。

当日配られた地図を見て、ほぼこの方針に沿ったルートが見えたため、
作戦タイムは時間を余らせての終了です。しかし、後から考えたら
この時点で1つ取るべきコントロール(63)を見逃していたのでした。

スタート時は走るのにちょうどよい曇り空だったのですが、30分も経たない
うちから土砂降りの雨となり、暑さ対策の装備が裏目に出て寒さとの戦いに
なってしまいました。

それでも新規エリアの殿城山を1:30以内と想定より早いタイムで通過し、
プランの上方修正が必要かと思ったのもつかの間、殿城山からの急斜面の
下りで転げまくって時間を費やし、リフト乗り場にはほぼ想定タイムでの
到着です。

ここでリフトの乗り継ぎ駅から寄り道して、取り残していた83をピストンする
プランに修正し、これをゲットしてから再びリフトに乗って車山山頂に
向かいました。

この時点でもう雨は降っていなかったのですが、濡れた岩や泥に足を取られて
車山からの下りで転倒しまくり、体の至るところを強打して痣だらけになって
しまいましたが、脳汁放出して気合で走り、順調に会場付近のコントロールを
取りつくして余裕を持ってゴールしました。

得点は1672点で5時間男子クラス28チーム中11位という結果でした。
63を取りそびれていなくても1700点強で順位は変わらずということで、
初ペアとしては満足の結果だったと思います。

中島さん、お疲れさまでした。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://shizuokaol.blog43.fc2.com/tb.php/153-79712a43