FC2ブログ
こんにちは、ブロガーの「しゅうせい」です。

今回は、10/8-9に開催された、青い森縄文の丘2Daysオリエンテーリング大会に
参加した滝さんからの報告を掲載いたします。



滝です。

昨日報告したように10月8日(土)、9日(日)の2日間で八戸市で開催された青い森
縄文の丘2Days大会に参加しました。

今回ほどアクシデント続きの大会はありませんでした。
静岡朝一番の新幹線では間に合わないため、在来線で三島まで行って三島発の
一番の新幹線を利用したのですが、そこで喫煙車両に乗ってしまったところから
いやな予感はしていました。

レンタカーで1日目の会場の八戸公園に到着しましたが、雨が降ったりやんだりの
状態が続いていました。青空会場のためストレッチを十分やる場所が確保できず、
アップで走っているときにもなんとなく右足に違和感はあったのですが、1番から
2番に向かう途中でプチッといういやな音がして、3年前のCC7で一度肉離れを
経験しているため、すぐに軽い肉離れだとわかりました。
スプリントでアップもほとんど無いためスピードを極端に落としてとりあえず完走
しました。

幸太に教えるの図
肉離れは安静にしているのが一番のため、本当はもう走らない方がよかったのです
が、せっかく連れてきた幸太がかわいそうなので、予定通りOPLをゆっくり回っ
てきました。
(あの足の状態でM35Aの結果が3位だったのは驚きですが・・・)


種差海岸種差海岸の巨石
さて2日目の朝、雨も上がり日差しも出てきたため、種差海岸の芝生を散歩したり
して気分よく過ごし、今日は出走はして会場に近いところまでゆっくりやって気分
よく途中棄権して静岡に帰ろうと思っていたのですが、ここで更なるアクシデント
が発生。

スタートに向かう途中に駐車場を通過するのですが、ふと自分の運転してきたレン
タカーに目を向けると、傾いているように見えました。近づいてみると左側の前タ
イヤに大きな釘が刺さってパンクしているではないですか。
このままだと今日中に静岡に帰れないかもしれないと思い、スタートするべきか、
すぐにパンク対応をすべきか、この後の対応に一瞬パニックになりましたが、とり
あえず30分以内に会場に戻ることに決めて出走しました。
30分で会場に戻り、すぐにレンタカー屋に連絡して何とか予定通りの新幹線に乗る
ことができました。(このパンク対応にもいろいろあったのですが)

昨年は捻挫し、今年は肉離れとレース的には青森県は鬼門のような気がしますが、
天気予報ではあきらめていた種差海岸の景色を晴れた状態で眺めることができたの
でそれなりに楽しめた遠征でした。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://shizuokaol.blog43.fc2.com/tb.php/297-93818711