FC2ブログ
こんにちは、ブロガーの「しゅうせい」です。

今回は、11/11-12に開催された「OMM JAPAN 2017 NOBEYAMA KOGEN」の
運営参加報告を。

静岡OLCからは、コースプランナーとして小泉さんが、安全管理マネージャーとして
村越真さんが、スタート・フィニッシュチーフとして田畑会長が、運営スタッフとして
田濃さんと「しゅうせい」が参加しました。
昨年より1人増えました〜

「しゅうせい」は、今回も当日早朝に会場入り。運営スタッフとしては皆勤賞の
4回目でも最初は全く勝手が分からず…
でも、イベントヘッドクォーターのかこさんにお会いして、ちょっと落ち着いた感じ。

スタッフが起きてくるまで待って、朝食の時間。最初の持ち場はスタートだった
ので、田畑会長からざっくり指示を聞くと、朝食を食べて6時半会場発とのこと...。

えっ、今6時10分だから、10分で食って支度して出ろってか...


いや、聞いてましたよ。事前にも。会場でも。
「今回は激務なので大変ですけど、よろしくお願いします。」って。

もー、初見殺し。やめてよ〜」と、心の中で思いながら
刻々とスタート時刻が迫ってくるので、とにかくスタート地区まで。

CIMG1448.jpg
スタート地区は、予報通りの雨…。スタート時間帯には止むようでしたが、
雨と合わせて時折吹く突風は、OMMらしいなぁと思いました。

「しゅうせい」は、Straight Aの担当 兼 アナウンス。
8時1分前のコールは、正直ドキドキしました
自分のコールでレースが動き出すと思うと。隣の田濃さんに、現在時刻の確認を2度もしてしまった。

CIMG1449.jpgCIMG1450.jpg
スタートが一段落したところで、Day1のフィニッシュ地区へ。
実は、こらちでは突風により、仮設トイレがすべて倒れてしまったり、
予定していたSIチップの読み取り場所のテントが飛ばされてしまったりと
大変な状況になっていました。

CIMG1451.jpgCIMG1452.jpgCIMG1453.jpg
でも、選手はこのフィニッシュ地区へどんどん向かって来ているわけで、
この現状で、対応出来るように準備を進め、無事に1組目のフィニッシュを
迎えられました

CIMG1457.jpg
日没後も、フィニッシュ地区を目指す選手の皆さんを待ち続け、フィニッシュ
閉鎖時間の20時までには全チームが通過。スタッフ全員がホッとするこの瞬間は、
4度目でも感慨深いものがあります。

CIMG1459.jpgCIMG1460.jpg
日付が変わってDay2。「しゅうせい」の配置は、Day1とほぼ一緒。
目覚ましはかけなかったのですが、なんかの勘で4時過ぎにバッと
目が覚めました

選手が一夜を過ごしたテント場は、歩くとサクサク音がしました。
みなさんきっと、休んでいる間は底冷えしたのではと思いました。
空はとっても澄んでいてきれいな夜明け前の星空が

CIMG1462.jpgCIMG1465.jpg
Day2は、6時からスタート。あんなに沢山あったテントも徐々に数が減り、
全員がスタートした後のテント場はだだっ広い感じ。この光景が見られるのは
スタッフならではと、こちらも感慨深いものです。

CIMG1466.jpg
で、ほんのちょっとの余韻を感じながら、Day2のフィニッシュ地区へ。
あとは、ひたすらフィニッシュをした選手のSIチップの回収&読み取り&装備チェックへの
誘導等々、大体フィニッシュ付近でバタバタと…。片付けが終わって周囲を見渡すと
もう、ライトなどがないと困るくらいに真っ暗…

最初に現地に到着して、待ち時間を兼ねて見ていたグッズ類、買っとけばよかったな…

【実はレア?】
23584060_1533439283399095_410982907_o.jpg
Club阿闍梨の高橋さん撮影。(ありがとうございます<(_ _)>)

Day1のスタート地区にて。
もし、静岡県関係の大会だったら、田濃さんは計測(計セン)担当
固定なので、今回のような配置は珍しい(...ハズ)

「しゅうせい」と田濃さんは、最初に出逢ってからもう20年以上となるが、
直近で思い出せる限りでは、田濃さんが大会運営で計セン以外だった
記憶がないなぁ…
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://shizuokaol.blog43.fc2.com/tb.php/353-9c778c5d