FC2ブログ
2日目はいよいよクラブカップ本番

6時半に朝食をとり、先発隊は荷物を積み込み、いざ場所取りへ・・・。

CIMG0098.jpg
朝食前のひととき、朝はすがすがしかったのですが・・・

CIMG0100.jpgCIMG0101.jpg
出発前に 傘のデザインは・・・

CIMG0102.jpgCIMG0104.jpg
ゴール直前の場所に陣取り、静岡OLC(&浜松OLC&静大OLC)の場所を確保


場所取りも一段落したところで、あらためて周囲を見渡すと、続々と会場入りするクラブの人数の
多さと、今年で最後ということで、優勝を狙うぞという静かな闘志やら意気込みがそれぞれの顔に
見てとれました

そして、スタート時刻に向けて準備を始める静岡OLCのメンバーの表情からも程良い緊張感が見て
取れ、これから始まる激戦を予感させました。

CIMG0105.jpg
永遠のライバル、浜松OLCのメンバーと。談笑している中でも・・・

CIMG0108.jpgCIMG0109.jpgCIMG0112.jpgCIMG0111.jpg
静岡OLCの応援グッズ一覧

CIMG0115.jpg
静岡OLC Aチーム1走の田濃さんと、Bチーム1走のうにこさん スタート前にありがとうございます。


そして前日の涼しさから一転、戻ってきた猛暑の中、ついにクラブカップがスタートしました。

静岡OLC-Aチームは各人とも小さなミスはあったものの、全員がその役割を果たし、一時はトップに
立つなど常に上位でレースを展開することができました。
そして予定通り6走、7走で猛烈な追い上げを見せ、第2回大会の4位入賞を超える、
堂々の3位入賞を果たしました。
CIMG0147.jpg
7走を走った、「新入会員」松澤さんのゴール直前の激走

また、Bチームは浜松OLCとの対抗戦も兼ねており、7走スタートの時点で浜松OLCに4分のアドバン
テージという接戦、こちらも大いに盛り上がりました。
(結果は浜松OLCに逆転負けでしたが・・・
CIMG0163.jpg
こちらも7走を走った、よしひさくんのゴール直前の激走

あと、オープン参加でベテランカップに参戦したCチームは、静大OLCの院生2名に助っ人に迎え
タイムとしては5位相当という成績を収めました
CIMG0136.jpg
4走を走ったちゃこさんのさわやかな走り


この1年間、既存の会員を中心に大会参加、大会運営、各種行事企画など幅広く活動し、新規会員を
巻き込んでクラブとしての求心力を強めていった、そんな地道な活動が実を結んだのが今回の結果
です。Aチームで走った7人以外のメンバーも皆自分のこととして喜び、誇りに思っていることでしょう。

CIMG0149.jpg
ゴール後のひととき。こういった風景があちこちで

CIMG0157.jpg
表彰式の一コマ。派手さでは優勝?


そして一部のメンバーは静岡OLCトレラン部を結成し、3日目の駒ヶ根5時間ロゲインに参加しました。
競技範囲は池山を山頂とする山岳エリア、オリエンマップエリア、駒ヶ根市街地エリアの3つに大別
され、前日の作戦会議では、山岳エリアはパスして、名所巡りなどして爽やかにクラブカップの余韻を
楽しもうとなっていたはずですが・・・。

当日地図を渡されての作戦会議では、山岳エリアは外せないとなって少しずつ様相が変わり・・・。
始まってみればいつものロゲインで、ただ単に引きまわされて修行になっていた人もいたようです。
静岡OLCトレラン部、結成後初のロゲインで早くも解散の危機か???
CC7_2010_5.jpg
もう解散の危機 静岡OLCトレラン部



今回の大会でクラブカップは最終回との案内が早くから流れていましたが、
大会当日には、クラブの目標になりえる大会は別の形で今後も続けていきたいとのアナウンスもあり、
静岡OLCとしても、クラブ一丸となってこれからも取り組んでいきたいと思います。

実際、Aチーム以外のメンバーからのやる気発言が早くも相次ぎ、クラブ内での競争も今後激化していきそうです。

CIMG0164.jpg
静岡OLC Aチームの精鋭 今後もクラブを牽引していってくれることでしょう

CIMG0165.jpg
静岡OLC Bチームのメンバー。 目指すはAチーム入り

CIMG0166.jpg
静岡OLC Cチーム。 静岡OLC入り内定()の2人と漫才コンビ

CIMG0167.jpg
今回の上位入賞の立役者 松澤さん  賞品の梨と傘を手に

CIMG0168.jpg
何はともあれ、クラブカップリレー Forever
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://shizuokaol.blog43.fc2.com/tb.php/48-6f7625cc