FC2ブログ
11月13日、14日に富士シリーズの第5戦、第6戦を丸火青年の家を会場に開催しました。
遅くなりましたが、たくさんのみなさまにご参加いただき、誠にありがとうございました。
そして、第6戦におきましては特に1クラス・2クラスを走られたみなさまにご迷惑をおかけ
する結果となりましたこと、深くお詫び申し上げます。こらちの経緯につきましては、記事を
分けてご報告させて頂きます。


まずは、第5戦を簡単に・・・。
13日は穏やかなお天気で、競技をするにはとてもいい日となりました。翌日のロングに焦点を
合わせた方が多かったのか、参加者は少なく、会場はほのぼのとした雰囲気に包まれていました。
午後からのスタートでしたが、スプリント競技ということもあっておかげさまでスムーズに進行
させることができました。(ただし、急遽炊事場を地元の小学校が使うことになり、レイアウト
変更をさせていただきましたこと、お詫びいたします。みなさまのご協力で特に混乱もなく進め
られました)

こちらのスプリントで使用しました地図は、ロブの再調査によって作成されたもので、コースも
普段あまり使われない溶岩流の中にふんだんにコントロールを設定しておりました。
参加者の方からは、やはりロブのコースは一味違う、ヨーロッパの雰囲気があるとお褒めの言葉を
いただきました。競技が一段落ついたところで、コースを知らされていない運営者もこのコースを
堪能させていただきました


続きまして、第6戦。
14日は、曇り空で少し肌寒い朝を迎え、確実に冬の足音が近づいていることを感じさせてくれました。
Fuji055.jpg

今回はロングということで、これまでの富士シリーズにご参加頂いてる常連()の方をはじめ、
翌週のインカレロングに臨む学生の方など多くの方にエントリーいただきました。
また、1クラス・2クラスについては2006年の富士スプリングカップでも行ったワンマンリレー形式、
その他のクラスはこれまでの富士シリーズの形式を踏襲した開催としました。さらに、1クラスにつ
いてはeカードの記録上限に近いコントロール数でのコース設定と、富士シリーズでしか味わえない
レースをして頂こうと準備を行っておりました。


しかしながら、当日の設置確認において、ver.3のeカードのついてのみ記録仕様が事前に確認してい
たものと違っていたことが判明。さらに、すでにスタートしていた競技者より、競技エリアにおいて
伐採作業が行われており、作業者の方に注意をされたとの連絡を受けました。この結果、以下の事態
を発生させてしまいました。

【1クラス】
・スタート前のeカードの記録仕様についての注意事項をご案内し、希望者にver2のeカードを貸与し
 ました。しかし、松澤俊行選手について、(隣接ポストへのパンチがあったため)記録数の上限を超
 え、全コントロール通過が確認できなかったとして、当日は失格と判定させてしまいました。(ただ
 し、現在は完走として記録を修正しております。)
・一斉スタートの時刻を30分遅らせました。

【2クラス】
・一斉スタートの時刻を10分遅らせました。

こちらの件、詳細につきましては改めてご報告させて頂きますが、遠路、富士まで足をお運びいただ
いたみなさまに、このような不手際でご迷惑をおかけすることとなりましたこと、深くお詫び申し上
げます。


ひとまず、富士シリーズとしてはこれで一区切りとなりますが、静岡OLCとしましては、今後も競技
としてのオリエンテーリングの普及に貢献すべく、今後もイベントの開催を考えております。そのた
めに、まずは今回の富士シリーズでの反省をクラブ内部で共有し、県協会へも働きかけを行い、より
よい体制でイベントを開催できるようにしていく所存でございます。

今後とも、よろしくお願いいたします。


最後に、当日の様子を数枚ですがご紹介いたします

CIMG0264.jpgCIMG0268.jpg
これまでの富士シリーズの形式でのスタートにて

Fuji019.jpgFuji020.jpgFuji023.jpgFuji024.jpg
1クラス・2クラスのマススタート。一斉スタートの独特の緊張感が伝わります。


Fuji047.jpgCIMG0270.jpgCIMG0274.jpg
マップチェンジの風景。こちらも緊張感が伝わります。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://shizuokaol.blog43.fc2.com/tb.php/54-617a7922