こんにちは、ブロガーの「しゅうせい」です。

少し遅くなってしまいましたが、静岡ナビゲーション練習会2018の
第3回および第4回の開催報告を掲載いたします。

「しゅうせい」は両日とも参加が出来なかったため、今回は小泉くんに
報告を書いていただきました。


6/1(金)は恒例の地図読み練習会。これまで地形図の地図読みを中心に行っていましたが、もっと難しいコースの地図を読みたい、オリエンテーリングに挑戦してみたい、という常連のみなさんの期待に応えるべく、今年度からこれまで同じ地形図コースに加えオリエンテーリングコースを設定しました。

事前の申し込みは地形図12名、オリエンテーリングコース12名とちょうど半分ずつ。オリエンテーリングへの熱い期待を感じます。(欠席があったため実際は12:9でした。)
06011.jpg


地形図コースでは伊豆のやや難解な地形を利用して尾根谷の読み取りや決められたルートを辿る場合にチェックすべき場所や迷いそうな場所を探すという課題を行いました。オリエンテーリングコースではまずはオリエンテーリングマップに慣れようということで記号の説明から始まり、実際にどうやって行けば確実に行けるのかをプランしていただきました。
06013.jpg
06012.jpg



オリエンテーリングコースで読んだコースは実際に走ることができる、というこで6/10(日)に実際に走ってもらいました。今回は日取りが悪く2名のみの参加でしたが、お二人ともとても意欲的。


6/10の練習会は静岡県オリエンテーリング協会主催のスポレク大会に併設して行いました。まずはスポレク大会に参加しスコア形式のオリエンテーリングに挑戦。植生の描かれていない地図で道を辿ったり地形を読んだりしながら60分間しっかり参加してもらいました。

06132.jpg
スポレク大会スタート

その後6/1に読んだコースを実際に走ってもらいました。お二人とも道を使って遠回りしながら確実に辿り着くルートを選び無難にコースを回れました。しかし!それではオリエンテーリングの醍醐味は味わえません!

06133.jpg
やぶの中、どこへ進めばよいのか!?

より早く、短く到達するべく森の中をまっすぐすすむルートを辿ってみよう、ということで応用練習タイム。地図上に最短ルートを引くことはできますが、では実際何をして何を見ればそのルートを辿れるのか、世界選手権日本代表の静岡OLC所属選手の小泉がガチ指導。お二人とも新しい発見があった、今日はうまくなって気がする、とよい反応をいただきお開きとなりました。

06134.jpg
まっすぐ行くときの秘訣は??

静岡ナビゲーション練習会では今後も読んだコースを走る機会を設けながらオリエンテーリングに挑戦できる企画を用意していますのでぜひご参加ください!
こんにちは、ブロガーの「しゅうせい」です。

まずは、ご報告を。
先日、WTOC2018日本代表に選考された田代さんに
クラブからささやかながらのお祝いをお渡しいたしました。



田代さんのご活躍を、クラブ一同お祈りいたします。


話題変わりまして、6/9〜10の2日間の日程で、
静大OLCの新歓合宿が「鳥追窪」で開催されました。

【参加した人】
・たきさん(OBコーチ)
・へっぽこ(OBコーチ)
・ながなわくん(コーチ)
・おおるいさん(OGコーチ)
・いとうさん(参加者)
・しゅうせい(OBコーチ?)

CIMG1557.jpgCIMG1558.jpg
今年は、例年以上に新入生が入部したとのことで、
競技部長の宇佐美くんからの要請に応え、
合計で11名のメンバーで、新歓合宿のフォローをしました。

【1日目】
新入生メニュー1:テレインウォーク
上級生メニュー1:ラインO/コンパスO
CIMG1559.jpg

新入生メニュー2:サーキット
上級生メニュー2:サーキット
CIMG1560.jpg

村山ジャンボで夕食 
CIMG1561.jpgCIMG1562.jpgCIMG1563.jpg

夜メニュー
CIMG1565.jpgCIMG1566.jpg
先日の日本代表選考会(フォレスト)で、
長縄くんが走ったMSクラスを使用して
1or2レッグごとに、短時間でルートプランを
考え、グループディスカッションを経て
本人からの解説を聴く、これまでになかった
メニューに、感心しきり。

【2日目】
CIMG1567.jpgCIMG1568.jpg
1.5時間前にポスト確認を兼ねた試走をやりましたが、
学生のトップスタートに間に合わず・・・

CIMG1569.jpgCIMG1570.jpg
2週間後に東海学連スプリントセレクション、3週間後に
東海インカレを控え、新入生を含めた学生のみんなには
今できることを確実にやって、当日を迎えて欲しいなぁと
思います
こんにちは、ブロガーの「しゅうせい」です。

早速、本日(6/3)開催された「第40回東大OLK大会」の参加報告が
滝さんより寄せられましたので、以下掲載いたします。



滝(夫)です。

第40回東大大会に参加しました。

静岡OLCから参加したのは、
小泉、田代、田濃、滝(夫)、村越(久)の5人。

滝はエントリーの段階からさいたま市の次男のアパートに前日泊まって
7時30分に出ればOKという計画。
ところが一番遠い第3駐車場の割り振りとなり、徒歩10分+バス35分
のため結局予定の1時間前の6時30分に出発することに・・・。

レースそのものは、コンパスの針が止まらず真っ直ぐ進めない、
体が重く全く走れないといった感じで久々にダメダメなレースでした。
全日本に向けてロングを走っておくことが目的の一つでしたので、
目的はかろうじて達成しましたが、2週間後に少し不安が・・・。

今回車でしたので、会場到着後すぐに着替えて早めのバスに乗ったの
ですが、ここで今回のハイライトが。
14時45分会場発のバスに乗り渋川駅に向いましたが、
このバスに乗用車が突っ込むというまさかの事態が発生。
乗用車の前はつぶれ、バスの前ドアも開かなくなりました。
乗客も相手の運転手も無事だったからよかったですが、一つ間違えば
大惨事に。

皆さん車の運転は気をつけましょうね。
こんにちは、ブロガーの「しゅうせい」です。

もう6月なのね・・・。

今回は、6/2に開催された「第40回東大OLK大会前日大会」の参加報告を。

【参加した人】
・へっぽこ
・しゅうせい

本来なら「東大OLK大会」とセットで記事にすべきところですが、
「しゅうせい」は、諸般の事情で本番の大会参加叶わず...

本番の大会もある中、今回はNew Mapということで
非常に沢山の参加者がいらっしゃいました。
役員の人数も割けない中、本当に頭の下がる思いです


今回は、会場とテイレンがかなり離れていることも
あって、全然大会らしい写真が撮れなかったのですが、
SNSでつぶやいてみるものです。

7月のClub阿闍梨さん主催の「関東パークOツアー2018 in 赤塚公園」の、
大会運営のために見学に訪れていた柏樹さんが、写真を提供下さいました

本当にありがとうございます<(_ _)>


34146423_1669470366433658_6070103478737305600_n.jpg
「しゅうせい」の十数分後のスタートだった「へっぽこ」。
隣は、前週の石井マウンテンマラソンでバディを組まれたSumireさん

34117651_1669503279763700_6571833737120579584_n.jpg
「しゅうせい」は、中2週空けてのレース。いつも1番コントロールのレッグで、
何かしらやらかしてしまうのも相変わらず・・・。今日は、いきなり
現地とマップとのコンタクトが対応出来ず
来週の静大OLCの新歓合宿、大丈夫かなぁ


20180602170029.jpg
「しゅうせい」は残念ながら、静岡に戻ってしまいましたが、
本番の「東大OLK大会」にも、静岡OLCから複数出走予定なので、
誰かしら、報告してくれるのではないかと期待しつつ・・・

こんにちは、ブロガーの「しゅうせい」です。

まずは、静岡OLCにとって嬉しいご報告から

当クラブのメンバーが、WTOC2018日本代表に選考されました。

田代雅之さん WTOC2018

複数年にわたり、代表として選出されることは並大抵なことではなく、
これも日頃からの努力が実を結んだものだと思います。
これからが大変な時期となるとは思いますが、静岡OLC一同、全力で応援し
支えていきます。みなさまも、(特に)田代さんの活躍に注目して頂ければと思います。



話題変わりまして・・・

5/26〜27にかけまして開催された「第2回石井マウンテンマラソン」のご報告を。

【参加した人】
・へっぽこ(参加者)
・しゅうせい(運営スタッフ)

本記事では、「しゅうせい」の運営編ということで。


実は、昨年9月に開催された第1回の大会開催の時にも、運営お手伝いの依頼を
受けておりました。ただ、この時はよりヘルプの必要な静大OLCの秋合宿の方を
優先させて頂きました

この件について「しゅうせい」不義理をしてしまった思いがず〜っと残っていました。
なので、今回のお話をいただいた時には、ぜひお受けすべきと・・・。



2月に開催予定だったKOLC大会のリスケが、もしかしたら
被っちゃうかもと、またまた返信を保留せざる得ない状況に・・・

で、最終的には日程もうまく重複せず、晴れてお手伝いをさせていいだく
運びとなりました

20180526073711.jpg
「しゅうせい」は、当日朝入りでしたが、自宅を出る頃は日の出直前。
景色がよく見える状況でを走らせ会場へ。

20180526073901.jpg20180526090015.jpg
(参加者と同じ)駐車場に着いたときは、特に何も思いませんでしたが、
イベントセンターに着くと・・・。

一気に記憶が甦りました。
まさしく、OMM JAPANの第1回目の会場

20180526103637.jpg20180526 104653
と、ちょっとだけ感情に浸り、すぐにスタートの準備へ。
石井スポーツのみなさまのご協力で、ほんのちょっとな
時間で立派なスタートエリアに

20180526132551.jpg
スタート終了後は、やはりOMM JAPANの第1回目の会場となった稲取細野高原で
1日目のFinish準備。ギリギリトップゴールのバディを受け入れ・・・

ちょっとご迷惑をおかけしてしまいましたが、ご容赦いただきました

その後も、スタッフ全員の協力のもと、最終フィニッシュのバディを迎え入れ
あっという間に1日目の競技が終了。もしかしたら、参加者の“へっぽこ”にも
ろくに声をかけられないほど忙しいかもという想定も杞憂に終わり、本当になにより。


20180527051808.jpg
そして想定外だったのは、競技終了後の作業が全くなかったこと
(2日間大会の計測の準備も、空き時間にチーフの大場さんがやって下さいました)
「しゅうせい」はホテル泊でしたが、本当に「何もしなくていいの???」って不安に
なるくらいにのんびりとした夜を過ごしました。


20180527061720.jpg20180527075321.jpg
2日目の朝は、ホテルを早めに出発して、テント場の様子を拝見。
“へっぽこ”曰く、夜は風が強かったとのこと。確かに、1本フラッグが
杭ごと抜けて倒れてしまっていました。

OMM JAPANの第1回目の時も、雨上がり後に強風でテントが飛ばされて
しまっていたなぁ・・・

2日目は競技時間が短いこともあり、スタート後はすぐに会場を片付けて、
Finish会場へ移動しなければならなかったのですが、空いてるスタッフが
率先して片付けを進めてくださり、なんとストレートコンバインドの
最終スタートから十数分で、ほぼ全員が移動できる状態に。
静岡県勢の運営スタイルを知ってる「しゅうせい」もこれはビックリ

20180527093542.jpg
Finishエリアも、こんな素晴らしいお出迎えスタイルに。

SIカードの読み取りエリアが少々離れていて、読み取りされずに
駐車場などに移動できるレイアウトが心配でしたが、
誘導にあたられたスタッフの声かけで、読み取れ漏れもなく、
こちらも感服しました

お怪我をされた方もいらしたそうでしたが、大きなトラブルも
なく無事に大会も終了。これが、スタッフとして携わった者としては
一番の喜び。2日目はSIカード(チップ)の回収・読み取りをメインに
担当しましたが、改めてナヴィゲーションを介した共通の楽しさを
感じました。これからも、この楽しさを感じ続けていただけたらなぁと思います